黒宮れい 常夏パラダイス Blu-ray版

黒宮れいちゃん13歳の時のタイでのロケ作『常夏パラダイス』。メーカーは安定のアイマックス作。

南国ロケらしく登場からプールでビキニ姿のれいちゃんが登場!Tシャツに書いてある「SHINE」を「̪シネ」とい読んでしまうあたりにれいちゃんのお茶目な性格が現れている。まだ冷たく感じるというプールに入って水中でTシャツを脱ぐと黄色の紐ビキニ姿になったれいちゃん。プールから上がるとおなじみフラフープを披露。次のチャプターでは制服にツインテールスタイルで足元はニーハイのようで、これってただの長い靴下? 制服を脱いで純白ビキニになると野外に設置されたテーブルの上でポージングを披露。プールに戻ると今度は緑に太めのストライプが入ったスイカ模様のパイピングスクール水着に。ソファー型の浮き輪に乗ってプールに浮かんでいるところをスタッフに水をかけられたりソファーを揺らされたりして主観で意地悪されてしまうシチュエーション。

続いての体操服ブルマではすぐにそれらを脱いで、可愛らしいチェック柄のビキニ姿に。またもやプールに入って水中撮影などもこなしているけど、個人的にはブルマのシーンをもっと長く撮影して欲しかった。。とはいえ、左右がつながっているタイプの水着ブラがれいちゃんの体型に良く似合っているのでこれもありちゃあり。シーンが切り替わるとれいちゃんの代名詞とも言えるハイレグレオタードは薄いピンク色。バランスボールの撮影を手際よくこなすと、建物の柱に足をかけてストレッチをしている様子をローアングルから撮影しているがこれが中々に芸術的。パイピング紐ビキニでクリームを塗るカット→花柄ビキニでプール撮影を終えると、本作最後の見どころチャプターへ!薄手のカーディガンを脱ぐと花柄水着ブラとデザインの違うおぱんつは細かい花柄模様がついてなんとなく下着風。開脚でポージングをするとしかりとクロッチもある事が確認できる。これが重ね履きしているようで以前ならここからもう1枚下を脱衣という流れもあったが今回はそれは無し。(でも全然良い)

おすすめ度:

【総評】タイでの南国ロケということで衣装はほぼ水着がメインの撮影となっている。撮影場所もプライベートプール(シーズンオフで人がいないだけ?)がメインで水中撮影も多めの構成。この辺が合うか合わないかで評価が大きく割れると思うが、あまり合わないマオでも楽しむことはできたのは黒宮れいちゃんの相変わらずの可愛さのおかげか。Blu-ray版のみの特典は全身撮り映像。

>>【Blu-ray】黒宮れい 常夏パラダイス(GDS)<<

>>【月額ダウンロードし放題】黒宮れい 常夏パラダイス(いちごキャンディ)<<

黒宮れい 常夏パラダイス Blu-ray版

>>【Blu-ray】黒宮れい 常夏パラダイス(GDS)<<

>>【月額ダウンロードし放題】黒宮れい 常夏パラダイス(いちごキャンディ)<<